名塩の自然満喫の旅

にしのみやなじお

西宮まちたび博のまちあるきツアー「名滝発見!名塩和紙と自然満喫の旅」へ!
地元の「名塩探史会」のかたが今回のガイドさんです。

高低差60m斜行エレベーター

JR西宮名塩駅に集合してからまずは斜行エレベーターで上の駅へ。
宝塚の町の向こうに生駒山まで見えて見晴らしが良かったけど、ここは住宅地に
なる前は下の駅あたりの家から上の駅のあたりの棚田まで毎日自分の足で
登っては農作業をしていたのだそうです。

続いて塩瀬中央公園の森の中の名塩下滝へ。
二筋に分かれる流れのいい感じの滝でしたが遊歩道が滝の上にしかなくて、
もう少し横からとか出来れば下から見れるようになればもっとステキだと思いました。

名塩下滝

滝への道は遊歩道として整備はされていますが、もともとの土地の傾斜がきついので
急坂の階段などあり、枯葉で滑らないようゆっくりと上り下りしました。

散策路 散策路

またそんな道を歩いているときにガイドさんが「ここは棚田の跡が残っています」と
言われるので見てみると、この写真ではわかりにくいのですが、今は竹やぶですが
たしかに段々に整地された地面があります!
収穫量自体も良くなかったかもしれないけれど農作業の大変さを考えると
江戸時代の年貢の率も平地より安くされていたというのも納得です。

棚田跡


自然満喫のあと、名塩和紙の歴史にせまります。   つづく→

テーマ : 史跡・神社・仏閣 - ジャンル : 写真

Tag : 西宮 西宮まちたび博 散歩 西宮北部

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)