和紙の里、名塩

西宮市名塩

「名塩雁皮紙(なじおがんぴし)」は名塩で作られる和紙です。 
西宮市名塩和紙学習館

江戸時代初めに越前から和紙の製法が伝わったとされていますが、
名塩独特の非常に目の細かい泥土を混ぜて漉く事により、日焼けしにくく、
しみが出来たり虫に食われたりする事がないなどの特徴があります。 

江戸時代には、藩札(各藩で使われるお札)の用紙として、また寺院等の
ふすまや屏風の用紙として需要が多く「名塩千軒」といわれるほど
栄えましたが、今や数軒を残すのみとなってしまったそうです。

谷徳製紙所

青泥

地元の小学校では6年生は卒業証書の用紙を自分で漉いて作る
体験をするそうです。
世界に一つしかない自分だけの卒業証書なんてすてきですね。

名塩和紙学習館では紙漉きの体験が出来る講座もあるそうなので、
機会があればぜひ一度体験してみてください。

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 西宮北部

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)