木之元地蔵尊

西宮市名塩木之元

聖徳太子が鎮護国家のため、一木で三体の地蔵尊を刻み3か所に
納められました。
そのうちの一体が名塩の木元寺(このもとでら)にある木元地蔵尊と
伝えられており、他のニ体は紀伊の木ノ本(きのもと)、
近江の木之本(きのもと)地蔵尊です。
                          ・・・と、いうことなんだって

火事になった家に取り残された赤ちゃんを身を挺して守ったので、
ご自分の体にやけどを負ったお地蔵さんなんだって
だから焼地蔵とか火伏地蔵ともよばれてるんだって

     木ノ元

木元

うーん、住所は「木之元」なんだけど、お寺の名前は「木ノ元」?「木之元」?

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 西宮北部

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)