亦楽山荘の桜

2009.4.10.

2009.4.10. 桜の園「亦楽山荘(えきらくさんそう)」の桜。

今日は西宮市の主催する「西宮歴史散歩」のイベントに参加して、
武田尾にやってきました。
ガイド役は歴史探訪家の山下忠男さん、そう、『町名の由来』の
本でお世話になっている先生です。

ここ、亦楽山荘は大坂造幣局の通り抜けや西宮の夙川公園など
各地の桜の保護に尽力された笹部新太郎氏の演習林(研究所)
だった山林を自然公園として公開している場所です。

   やまざくら

木々の合間にヤマザクラが咲いているのが見えます。
が、想像以上に足元が急で、いかにも山道といった感じのあまり広くない道が
アップダウンを繰り返して続いているので、つい下ばかり見てしまいます(笑)

   やまみち

中ほどまでくると、復元された笹部氏の研究室「隔水亭」があります。

ロックガーデン

ここでお話を聞いたあとは出口へのコースを歩きだしたのですが、
実はちょっと遭難?しかけまして・・・(笑)
一昨年来た時に通ったという小道が通れると思って進んでいったのですが、
進むにつれてどんどん足場が悪くなりとうとう立ち往生してしまいました。

引き返すのもちょっとした苦労で、いゃあ、忘れられない思い出?(笑)
急がば回れ、をまさに身をもって体験?
ま、ともかく、怪我したりした人はいなかったのでよかったよかった。

さくら坂

もみじ

そのあと通った桜坂のヤマザクラはとてもきれいで良かったです。
さらに出口に近づくともみじの新緑が目に鮮やかで、秋の紅葉の季節に
来てもきれいなんだろうなぁと思いました。

廃線跡

武田尾駅への帰り道、廃線跡沿いに植えられている桜が咲くのは
はまだこれから先のようだったので、まだまだお花見が楽しめますよ~。

テーマ : - ジャンル : 写真

Tag : 宝塚 西宮北部

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)