水車のある町

2009.5.10.

神戸に行ったときに、水車を見ました。

これは、住吉川近くの「灘目(なだめ)の水車」というものです。

江戸時代から住吉川流域には88基もの水車がまわり、灯油の油絞りや
製粉や酒米の精米などをしていたそうです。
やがて電力の普及などによって水車は姿を消していきましたが、2002年に
この水路に2基の水車が復元されたそうです。

   2009.5.10.


で、西宮にも同じような水車があるなぁと思い出しました。
実は夙川にも、川の流れを利用した水車小屋があって、それを利用した
酒米の精米のおかげでおいしいお酒が作られていたそうです。

そのことを紹介した説明板と復元した水車が夙川にもあるのですが、
残念ながらこちらは川の流れでまわっているわけではありませんね。

夙川の水車

テーマ : 懐かしさを覚える情景 - ジャンル : 写真

Tag : 神戸 夙川

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)