江戸時代のきもの

2009.6.20.

登録有形文化財に登録された関西学院大学時計台にやってきました! 
時々お散歩に来た事はあるけど、中に入るのははじめて
すごいねぇ、こういうのを「重厚な造り」っていうのかな

西宮市上ヶ原

この時計台の中に博物館を作る予定で、その事前の企画として
「復元 江戸時代のきもの」展がひらかれているんだよ

下の着物の写真は展示品の一部
なんだけど、今回の展示では写真撮影禁止なので、二年前に香苗さんが
別の場所で開かれた講演会を聞きにいったときに撮った写真なんだよ
(そのときは写真撮ってもよかったんだって)

「波に網目模様小袖」は江戸時代初めにいた東福門院っていう天皇のお后様が
作らせた着物のデザイン画が残っていたので、それをもとに復元したもの
鹿の子絞りとか、金糸刺繍をふんだんに使った豪華な着物だね
2007.5.
「鳥兜模様小袖」は上の小袖の作られた20年ほど後の、当時のファッション雑誌の
ような『雛形(ひいながた)』に載っているデザインを復元したもの
上の小袖は当時の皇后様の東福門院が着た一番高価なきものだから、単純に
比べる事はできないけど、下の小袖は贅沢禁止令が出た後のものだから、
金は金糸刺繍でなく金箔摺りで、鹿の子も絞りじゃなくて鹿の子柄の染物だって

二年前の講演会ではまだこの二点の復元だけだったけど、今回の展示では
全部で四種類の小袖が復元されてるよ
ほかにも復元の作業手順とかをパネルで展示してあっておもしろかったよ~

芝生広場


「復元 江戸時代のきもの―いまとむかしの職人技-」
  2009年5月25日(月)~7月15日(水)
  10時~16時30分(受付は16時まで) 日曜休館
  関西学院大学西宮上ケ原キャンパス 時計台2階展示室
  入場料無料

テーマ : 伝統工芸 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 甲東園

コメント

No title

こんにちは。
私のブログ先日の「おこしや祭り」にコメントくださってありがとうございます。
あらためて遊びにきました~♪

関学でこんな興味深い展示があるなんて知りませんでした!
これは近々行ってきます!!どうもありがとう☆彡

みほ☆*(mio) さんへ

コメントありがとうございます。
今回の展示はまだこじんまりとしたスペースですが、おもしろかったですよ。
さわることは出来ませんが、復元した小袖はガラス越しじゃなくて
じかに見ることが出来るし、よかったですよ~(*^▽^*)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)