fc2ブログ

百間樋をたどる・2

西宮市大島町

西宮市立甲武中学校の横にある「字三拾六高木村川水取樋」。
百間樋完成当時に作られた取水樋だそうです。

「字三拾六」とは古代条里制が敷かれていた名残の地名だそうで、
約600メートル四方の土地を一坪という単位にして、その中を36分割して
いたところからきているようです
        <参考文献 『町名の話-西宮の歴史と文化-』 山下忠男著>


向うが上流(北)、国道171号線をくぐってこちらへ流れて来ます。
R171

写真奥の石組みに向かって流れて行きます。
水路

阪神大震災のときに壊れるまでは、こんな風に建っていたそうです。
参考資料
      撮影時期は分かりませんが、回りは田畑ばっかりですねぇ

   今は、樋の部分だけは元のように水が流れていきます。
   2009.6.25.


この樋のちょっと上で水路が別れて甲武中学校の中へ・・・。
さらに二つに分かれているみたいですが、どうなっているんでしょうね?
校内へ分水

テーマ : 史跡・神社・仏閣 - ジャンル : 写真

Tag : 散歩西宮

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)