FC2ブログ

兜麓底績碑

西宮市大社町

江戸時代初期の寛永18(1641)年は大変なかんばつだったようです。

そこで、鷲林寺新田(じゅうりんじしんでん)村・広田村・越水村・中村・西宮町の
社家郷(しゃけごう)村々といわれたグループの村人たちは、自分達の持ち山の
社家郷山に降る雨は自分達の村のものだとして、用水路を作ろうとしました。

それは、社家郷山のふもとの湯の口(現・甲山高校付近)から数十メートルの
岩を掘って鷲林寺新田方面へ流れる用水路です。

ところが、社家郷山のふもとは仁川上流にあたります。
いままで仁川の水を利用していた仁川下流の大市村などの人々は自分達の
水が減るとしてこの工事を妨害しました。
(仁川対岸の現宝塚市の村が妨害したとの説もあるようです)

そこで中村の庄屋中村紋左衛門は一計を案じ、天狗の面をつけて待ち構え、 
夜に用水路を壊しにやってきた妨害者たちを驚かせて仲裁し、その後は
工事が無事進められるようになり、二年がかりで完成させたそうです。

この功績をたたえて、広田・越水・中村の農民達が明治28(1895)年に
広田神社に建てたのが「兜麓底績碑(とろくていせきひ)」というわけです。

略図


残念ながらまだ行ったことがないのですが、 この取水口は今でも甲山高校の
裏手のあたりにあるらしく、鷲林寺のほうへ流れ、北山貯水池や夙川へ
合流しているのだそうです。


       <参考文献> 『町名の話-西宮の歴史と文化-』 山下忠男著
                 『新西宮歴史散歩』西宮市立郷土資料館編

テーマ : 歴史大好き! - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 散歩

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)