農業用の溜め池

うえがはら

承応2(1653)年、尼崎藩による上ヶ原新田の開発が始まりました。

高台の上ヶ原に水を引くにはもっと高い場所から水路を作らないと
いけないわけで、それは先に社家郷村々が水を引いていた
湯の口の辺りだったようです。

そこで、今まで湯の口からの水を使っていた社家郷村々から
水を分けてもらう代償として、尼崎藩は二つの溜め池をつくりました。

  略図

中村字目神山に神原大池。
現在の甲陽大池ですが、半分は埋め立てられて甲陽園小学校(写真左側)
になってます。
大池と甲陽園小

広田村字岩ケ谷に岩ケ谷上池・下池。
下池が現在の新池で、上池は埋められて市立西宮高校(写真右奥)
となっています。
新池と市西


この取水工事によって、上ヶ原台地でも米が作れるようになったそうです。

テーマ : お散歩写真 - ジャンル : 写真

Tag : 散歩

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)